横浜ボイストレーニング歌と声の学校 | 咲恵ブログ | 声量を上げる編|ボイトレ奮闘記

声量上げる編|さきえ先生のボイトレ奮闘記

こんにちは。

今日はとってもいいことと、とっても悪いことがありました。どちらも自分にとっていい刺激になったものです。失敗は成功のための1ステップ。常に100パーセントな自分を保ち、失敗しても何しても、向上していくことが大切なのだと実感した一日でした!

 

さて、『咲恵先生のボイトレ奮闘記』今日はvol.3です! このブログでは日々生徒さんから寄せられる「声」「歌」への疑問点や悩みについて、4コマ漫画でゆるりと解決していきます!

ケース3☆声量を上げたい

 
ポイント1)ピシッとした姿勢

まずは姿勢を整えましょう。姿勢は発声と密接な関係があります。そして体の姿勢は心の姿勢というように姿勢と心も密接な関係にあります。ピシッとした姿勢をすると、いい緊張感を保つことができ、体の力も発揮しやすくなります。

ポイント2)前のめりがポイント!?

その姿勢のまま少し前傾になると、力がうまく使えます。これはとても効果がありますよ。

ポイント3)ブレスの方法を考えてみよう

歌うときに、口からたくさん息を吸っていませんか?音が立つような勢いのあるブレスは、どんどん苦しくなっていきます。鼻からすっととりましょう。

口呼吸は喉の乾燥にもつながりますから、普段の生活でも鼻呼吸を意識してみてくださいね。

ポイント3)ブレスの位置を考えよう

ブレスを必要以上に吸いすぎているという可能性もあります。基本的には偶数小説で息をとりましょう。息が安定して来て、声がコントロールできるようになります。


他にも方法はありますが、まずは基本的なところを見直してみましょう!
あらゆる小さな問題を解決していく前に、土台となる基礎の部分を固めるといろいろなことにチャレンジできますよ!

横浜ボイストレーニング歌と声の学校 | 咲恵ブログ | 声量を上げる編|ボイトレ奮闘記

翔太先生Blog

翔太先生が語るブログ

翔太先生自己紹介編 ボイストレーニングってなんだ!? 上手いってなんだ!? 自分たちのギャラを自分たちで決めるシステム 個性ってなんだろう!? ◯◯は喉に良くない!? 声を枯らさずに盛り上げる方法 うがいの誤解と効果 声帯のお話 のどのトラブル ボーカルスクールに通うメリット 音楽とは!? ボイトレ教室の講師が仕事をサボったらどうなるのか ハミングはすごいやつ ハミングはすごいやつ2 鼻腔共鳴 緊張と呼吸法 鼻ってこんなスごいの? 秘技鼻呼吸 口を開けて唄おう 長所と短所 ライブハウス初心者が知ったほうがいい用語 ライブハウス初心者へ(ルール/服装編) 絶対音感っている? 腹式呼吸 腹式呼吸2 呼吸 猫軟口蓋 声が出にくい。そんな時は!? 呼吸と体と声 声と自信 喉に良い飲み物 腹式呼吸の勘違い 腹式呼吸の勘違Vol.2 歌がうまくなるための一つの方法 ボイトレウォーミングアップ 泣けるような歌 歌がうまくなるには? 歌の表現力を付ける方法 唄う時の姿勢 台風 俺の声ってこんな声?骨伝導の秘密 スランプに悩むすべての人へ 歌を歌っている時間より歌っていない時間のほうが長い レベルアップするにはこの方法しかないよ なぜ僕の、私の、声は通らないのか ボイトレを始めるか迷っているあなたへ ボイトレ初心者の方へ 腹式呼吸のコツ、見つけました。 ボイトレと高音の話① ボイトレと高音の話② 斉木楠雄とボイトレ