歌の表現力を上げるには?日本語編

うまく唄うのは様々なコツが有ります。歌唱力アップの秘訣日本語編です。

HOME | Column | 歌の表現力を上げるには?日本語編|Q&AColumn

質問⑥「歌の表現力を上げるにはどうしたらいい?」

歌の表現力を上げるには様々な方法があります。 今回は以前、某有名歌劇団のトップスターの方にお伝えした、歌詞を改めて捉えなおす事をテーマに、自然な表現力アップの方法を説明をします。

回答「古川雄一」先生

歌詞を中心に楽曲を捉えなおそう

歌を唄っていると、どうしてもテクニックに頼って唄いがちです。ココはビブラートをかけようとか、声量を出そうとか、音としてどうするか?という側面で表現を考えがちです。しかし歌を歌詞を中心に捉えなおすことによって、新しい側面から楽曲を認識でき、自然な表現力向上を期待できます。

 

まず歌詞を文章として理解しよう

歌詞を改めて、文章として理解することで、楽曲の捉え方が大きく変わります。そのために必要なポイントをまとめてみました。

①「歌詞を縦書きにする」

歌詞を縦書きにしてみると、その歌詞の全体的な内容を理解することが出来ます

②「歌詞に句読点を付けてみる」

歌詞に句読点をつけることで、言語としてのリズムやイントネーションを理解することができ、自然な抑揚を捉えることが出来ます。

③「文節の働きを考える」

文節の働きを考えることで、文節ごとの役割がはっきり見えてきます。簡単でかまわないので、「主語は何か?」「述語は何か?」など文節の働きを考えてください。その文は誰が誰に、何を言っているのか?これを正確に理解するだけでも、文に対する理解度が変わり、表現が変わってきます。

④「歌詞に書かれていない部分もイメージする」

歌詞に書かれていないことも、自分なりにイメージしてみましょう。例えばその歌詞の主人公の性格、恋人と出会った時期、季節など想像できることは沢山あります。自分なりのイメージをふくらませる事により、歌の表現が深まっていきます。

譜面の歌詞は横書きで句読点なし、音符の下の歌詞も無機的に見える

譜面の歌詞ページなどを見ると、だいたい横書きで、音符の下の歌詞を見ても無機的に表記されています。

例えば「だーいーすきーな きみへ さよなーら 」このような具合です。

これが「大好きな君へ、さようなら」

このように表記するだけでも、印象はガラリを変わります。上記の4つのポイントをもとに、「歌詞を改めて文章として理解する」ことを実践してください。

歌詞を表現できるのはボーカルだけ

歌詞を武器として表現に活かせるのは、ボーカルだけです。ですから、ボーカルの「歌詞の解釈」が歌唱表現に大きく影響します。歌詞に対して、自分なりの解釈とイメージ作りをしっかり行えば、自然と表現力がアップしますよ。


放送後記byなほ

縦書きにすることで、歌詞って改めて日本語なんだなーと理解することが出来ますね! 今までなんとも思っていなかった歌詞も、ゆっくり丁寧に捉え直すことでイメージがガラリと変わります!古川先生ありがとうございました!