横浜(神奈川)ボーカルスクール【横浜歌の学校】-実績のボイストレー二ングで新しい自分へ

横浜(神奈川)の上大岡駅徒歩1分のボーカルスクール【横浜歌の学校】では実績あるボイストレーニングですべての声のお悩み応えます。DTM・作詞作曲・ソングライティングにも万全に対応!

 

アーティストプロデュースデモンストレーション

主役はアーティスト

当ボーカルスクールでは、アーティストプロデュースデモンストレーションという授業があります。

この授業は当校で行っている、プロの制作現場を実践できるプログラムです。


具体的にはディレクター・トラックメーカー・アーティストの3人が1チームになって行う内容で、ディレクターが指示決定を行い、トラックメーカーとアーティストが作曲、一曲を完成させていく内容です。

 

そのアーティストプロデュースデモンストレーションのアーティスト役のA子ちゃんのレッスンの日でした。
A子ちゃんに「順調に進んでる!?」と聞くと「はい!進んでいます!」とのこと。
しかしよくよく聞いてみると、「歌がうまく録れてない」状況。
では何故A子ちゃんは自分の歌がうまく録れてないのに「順調」と報告したのか?

 

本人に聞いてみると「周りがOK」といったからとこたえました。

自分の意見が現場にない制作をしていることを注意するため、

僕は彼女に「アーティストは主人公なんだよ、自分が納得出来ないことがあったらもっといってごらん」とアドバイスしました。

アーティストは祭りでいう神輿、要は主役です。

彼女が盛り上がり、お客さんを盛り上げることで音楽ビジネスが成立する訳です。

彼女と彼女の夢にかけて周りのスタッフは動きます。みんなは君にかける、君が主人公なんだよ。

だから君が自身を持って売れる商品を作らなくてはいけない。
そんな当たり前のことでも、実践を踏まえなければ気がつけないことがあります。

 

こんな事に気がつけるのも、アーティストプロデュースデモンストレーションの魅力。

みんながこのプログラムを通して、それぞれの役割で成長して欲しいと願いつつレッスンを行っています!


2016/12/21